昨年であったかと記憶しています。男性下着の開発が検討されました。

モデル・サンプルが会社に届きまして、AGOが実験台になりました。

書面上、表現しずらいのですが、なんといいましょうか。「二つの部分」と、「一つの部分」に分かれるようなタイプの下着でして、その着心地をリポートするお役目を頂戴しました。

前評判としては、かなりイイらしい、とのことでしたので少し期待して履いてみました。

しかし、サンプルのサイズ(全体のですよ)が少し小さかったこともあってか、残念ながらAGO的には、想像していたほどの着心地ではありませんでした。

前評判と乖離があったため、すでに市場にある商品をよくよく調べてみると、特に「二つの部分」の快適性について、医学的見地からも追求していたりして、「なるほどなぁ」と思える特徴を有していました。

AGOが試したタイプはどちらかというと「一つの部分」への気配りはあったものの、「二つの部分」についての工夫がもう少し必要であったかなという所感を持ちました。

裏地リアンとしては下着の開発にも興味がありますので、またの機会に開発を試みたいところではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です